2017年度アスリートケア研修会のお知らせ(第2報)

平成29年2月12日(日)に「2017年度アスリートケア研修会」を開催いたします。
今年度の研修会は「バイオメカニクスからみた下肢スポーツ障害」をテーマに、下河内 洋平 先生(大阪体育大学 体育学部健康・スポーツマネジメント学科 准教授)による「ACL損傷予防とパフォーマンス向上は両立させることができるか?」、小笠原 一生 先生(大阪大学 健康スポーツ科学講座運動制御学 助教)による「バイオメカニクスから見た下肢スポーツ外傷」の2つの講演を予定しています。
また、アスリートケア助成研究発表(平成27年度採択演題)や賛助会員による機器展示も予定しています。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

本研修会では事前参加登録を受け付けております。締切は2017年1月31日(火)ですので、早めの登録をお願いいたします。

本研修会は、日本理学療法士協会の専門理学療法士制度ポイント認定研修会であり、運動器理学療法専門分野(運動器(全領域))において5ポイントが認定されます。
事前参加登録をされる方でポイント申請をする場合は、事前参加登録フォームに日本理学療法士協会会員番号を必ず入力して下さい。
事前参加登録をされない方は、当日受付にて日本理学療法士協会会員番号が必要となります(当日、会員番号が分からなければポイント申請をすることができません)。

宜しければ案内ポスターを印刷いただき、お近くの多くの方々に情報共有していただければ幸いに存じます。

2017年度アスリートケア研修会 案内ポスター(第2報)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【日時】
2017年2月12日(日)13:00~17:15(受付12:30~)

【会場】
大阪保健医療大学2号館(大阪市北区天満1-17-3)
http://www.ohsu.ac.jp/access/ 会場には駐車場がありませんので公共交通手段をご利用下さい

【内容】
テーマ 「バイオメカニクスからみた下肢スポーツ障害」
指定発言: 向井公一先生(四條畷学園大学) 里田由美子先生(関西メディカル病院) 安達由紀先生(行岡病院)
講演Ⅰ: ACL損傷予防とパフォーマンス向上は両立させることができるか?
下河内 洋平 先生(大阪体育大学 体育学部健康・スポーツマネジメント学科 准教授)
講演Ⅱ: バイオメカニクスから見た下肢スポーツ外傷
小笠原 一生 先生(大阪大学 健康スポーツ科学講座運動制御学 助教)
* 当日は、企業(賛助会員)による機器展示も行われます。

【参加費】
・事前参加登録 会員3,000円 非会員7,000円 学生(会員)無料 学生(非会員)1,000円
・当日参加登録 会員4,000円 非会員8,000円 学生(会員)1,000円 学生(非会員)2,000円
※ アスリートケアに入会予定がある場合は、先に入会手続きを済ませてから、会員での参加登録をして下さい(ただし、事前参加登録期間は延長しませんので、早めの入会手続きをお願いいたします)。
※ 事前参加登録の方は事前振込とさせていただきます(入金後のキャンセルにつきましては返金いたしかねます)。当日参加登録の方は、当日受付にて参加費をお支払い下さい。
※ 学生とは理学療法士養成校に在籍する学生のことであり、大学院生は含みません。

【事前参加登録方法】
事前参加登録期間 2016年12月13(火)~2017年1月31日(火)
事前参加登録は、「事前参加登録フォームでの受け付け」と「参加費の振込」をもって完了となります(学生会員は振込の必要はありません)。事前参加登録フォームでの受け付け後、参加費の振込先をメールにて返信いたします。

事前参加登録フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/179d0b2b482398

2017年 第1回ワークショップのご案内

2017年 第1回ワークショップのご案内

今回のワークショップは、林典雄先生(運動器機能解剖学研究所 所長)をお招きして、大阪電気通信大学スキルアップ講座と共催して開催いたします。

運動器超音波は、理学療法士が学ぶ機会は決して多いとは言えません。このワークショップを通して、より実践的な思考スキル・技術の向上につなげていっていただければと考えております。スポーツ傷害の予防のみならず、超音波による運動器の評価に興味のある多くの皆さま方のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成29年3月12日(日) 15時〜17時
■場 所:大阪電気通信大学 四條畷キャンパス
    (http://www.osakac.ac.jp/institution/campus/shijonawate/

     ※会場のリンクはアクセス案内ですので、会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

     また、会場には駐車場がありませんので公共交通手段をご利用下さい。

■講 師:林 典雄 先生(運動器機能解剖学研究所 所長)

■テーマ:ハンズオンセミナー 「エコー評価と理学療法 -肩の腱板と膝の軟部組織—」

  ●定員:24名

  ●募集期間:2017年1月12日(木)~ 2月15日(水)

  ●受講費(資料代込み)
   < 事前振込> 会員 3,000円  非会員 6,000円
   < 当日支払> 会員 4,000円  非会員 7,000円

   ※受講には事前申し込みが必要です(入金後のキャンセルにつきましては返金いたしかねます)。
    受講申し込み後、振込先をメールにて返信いたします。

  ●申し込み方法:WEB申し込みのみとなります。
    ホームページ  http://athlete-care.jp/ の「各種メールフォーム」から、
    以下の内容をご記入していただきお申込み下さい。

     氏名、 ふりがな、 性別、メールアドレス(携帯番号のアドレス不可)、
     連絡先(携帯番号可)、 勤務先名、 アスリートケア会員・非会員(備考欄)

 ※今回のワークショップの前に、林典雄先生の講演会が以下に開催されます。

  ●時間:13時30分〜14時45分(質疑応答含む)

  ●テーマ「超音波診断装置による運動器の評価」

   こちらに関しては、メカトロニクス基礎研究所主催(理学療法士のためのスキルアップ講座 共催)です。
   お問い合わせはinfo-skillup@mc2.osakac.ac.jp までお願い致します。

■ワークショップの今後の予定

 2017年は「基礎編」、2018年は「応用編」として開催予定です。

 ・第2回 テーマ「プライマリケア」7月9日(日) 大阪保健医療大学

 ・第3回 テーマ「テーピング」10月29日(日) 大阪電気通信大学

出張ワークショップのご案内

ワークショップ部から、出張ワークショップのご案内です。

来年度も、東海地区の会員の皆様のご協力により、出張ワークショップを開催いたします。

※このワークショップを受講された情報は、甲子園サポート部と共有して、甲子園でのメディカルサポート等にも活用させていただきます。

テーマ:野球選手の肩・肘のテーピングおよび下肢のコンディショニング

日 時:平成29年2月5日(日) 9時30分~17時(受付9時~)

午前の部:肩・肘のテーピング
 講師:太田 憲一郎(中部大学大学院生)
    吉村 和樹(豊橋整形外科江崎病院)

ランチョンセミナー:U-18アジア選手権大会帯同報告
 講師:四ノ宮 祐介(豊橋整形外科江崎病院)

午後の部:下肢のコンディショニング
 講師:伊佐地 弘基(関西メディカルリハ倶楽部)

会 場:国際医学技術専門学校
  (名古屋市西区則武新町3-1-46)

定 員:40名(対象:理学療法士)

参加費:アスリートケア会員7,000円  非会員8,000円

<申込み・問合せ先>
東海アスリートケア 事務局 吉村宛 
E-mail:sports_tac@yahoo.co.jp に以下の内容を記載の上、お申し込み下さい。
1.氏名(ふりがな)
2.所属先・所属県名
3.連絡先(携帯番号、PCアドレス)
4.アスリートケア会員o r 非会員
5.懇親会の出欠

2017年度アスリートケア研修会のお知らせ(第1報)

平成29年2月12日(日)に「2017年度アスリートケア研修会」を開催いたします。
今年度の研修会は「バイオメカニクスからみた下肢スポーツ障害」をテーマに、下河内 洋平 先生(大阪体育大学 体育学部健康・スポーツマネジメント学科 准教授)、小笠原 一生 先生(大阪大学 健康スポーツ科学講座運動制御学 助教)のお二方をお招きし、ご講演いただきます。
また、アスリートケア助成研究発表(平成27年度採択演題)や賛助会員による機器展示も予定しています。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

本研修会では事前参加登録を受け付けております。締切は2017年1月31日(火)ですので、早めの登録をお願いいたします。

本研修会は、日本理学療法士協会の専門理学療法士制度ポイント認定研修会です(申請中)。事前参加登録をされる方でポイント申請をする場合は、事前参加登録フォームに日本理学療法士協会会員番号を必ず入力して下さい。
事前参加登録をされない方は、当日受付にて日本理学療法士協会会員番号が必要となります(当日、会員番号が分からなければポイント申請をすることができません)。

宜しければ案内ポスターを印刷いただき、お近くの多くの方々に情報共有していただければ幸いに存じます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2017年度アスリートケア研修会 案内ポスター(第1報)

【日時】
2017年2月12日(日)13:00~17:15(受付12:30~)

【会場】
大阪保健医療大学2号館(大阪市北区天満1-17-3)
http://www.ohsu.ac.jp/access/ 会場には駐車場がありませんので公共交通手段をご利用下さい

【内容】
テーマ 「バイオメカニクスからみた下肢スポーツ障害」
指定発言: 向井 公一 先生(四條畷学園大学) 里田 由美子 先生(関西メディカル病院) 安達 由紀 先生(行岡病院)
講演Ⅰ: 下河内 洋平 先生(大阪体育大学 体育学部健康・スポーツマネジメント学科 准教授)
講演Ⅱ: 小笠原 一生 先生(大阪大学 健康スポーツ科学講座運動制御学 助教)
* 当日は、企業(賛助会員)による機器展示も行われます。

【参加費】
・事前参加登録 会員3,000円 非会員7,000円 学生(会員)無料 学生(非会員)1,000円
・当日参加登録 会員4,000円 非会員8,000円 学生(会員)1,000円 学生(非会員)2,000円
※ アスリートケアに入会予定がある場合は、先に入会手続きを済ませてから、会員での参加登録をして下さい(ただし、事前参加登録期間は延長しませんので、早めの入会手続きをお願いいたします)。
※ 事前参加登録の方は事前振込とさせていただきます(入金後のキャンセルにつきましては返金いたしかねます)。当日参加登録の方は、当日受付にて参加費をお支払い下さい。
※ 学生とは理学療法士養成校に在籍する学生のことであり、大学院生は含みません。

【事前参加登録方法】
事前参加登録期間 2016年12月13(火)~2017年1月31日(火)
事前参加登録は、「事前参加登録フォームでの受け付け」と「参加費の振込」をもって完了となります(学生会員は振込の必要はありません)。事前参加登録フォームでの受け付け後、参加費の振込先をメールにて返信いたします。

事前参加登録フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/179d0b2b482398

2016年第3回ワークショップ報告

2016年11月13日(日)に、2016年第3回ワークショップが、「下肢傷害に対するアプローチ」をテーマに開催されました。藤本智久先生(姫路赤十字病院リハビリテーション技術課、社)アスリートケア理事)による総論の講義の後、松尾高行先生(大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科准教授)、三谷保弘先生(関西福祉科学大学保健医    療学部リハビリテーション学科准教授)、木村佳記先生(大阪大学医学部附属病院リハビリテーション部)による、実技演習を主体とした講義が行われました。松尾先生は、「膝関節鏡視下手術後の理学療法」を、三谷先生は、「体幹機能からみた下肢スポーツ傷害」を、木村先生は、「片脚支持性の改善を目的とした閉鎖性運動連鎖トレーニング」をテーマに演習・講義をしていただきました。参加した受講生は28名、学生会員の見学が4名でした。

 

2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%971 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%972 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%973 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%974 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%975

 

 

第3回ワークショップ参加申込期間延長のお知らせ

かねてよりご案内させて頂いておりました、2016年第3回ワークショップの参加申込期間が116()まで延長になりました。会員外の方の参加も可能です。(参加費が会員と異なります)

是非ともご応募のほど、よろしくお願い申し上げます。

2016年 第3回ワークショップ

2016年 第3回ワークショップを、「下肢傷害に対するアプローチ」をテーマに開催いたします。
下肢傷害に対するアプローチについて、実際の事例で行われた処置などを通して、その考え方や技術に関する実技演習を主体に進めていく予定です。運動連鎖の観点からスポーツ動作で生じるメカニカルストレスをとらえることも含め、事例に応じた適切かつ妥当なアプローチを行うためのスキルを高めていただきたいと考えております。
講師は、スポーツ選手の傷害予防、競技復帰に向けて現場で日々奮闘している先生方にお願いしております。このワークショップを通して、より実践的な思考スキル・技術の向上につなげていっていただければと考えております。スポーツ傷害の予防に興味のある多くの皆さま方のご参加をお待ちしております。

講師

藤本 智久 先生:姫路赤十字病院リハビリテーション技術課リハビリ第一係長
第85回選抜高等学校野球大会メディカルサポート統括責任者
アスリートケア理事

三谷 保弘 先生:関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科 准教授
アスリートケア 学術局 講習会・勉強会運営部部員

松尾 高行 先生:大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科准教授
アスリートケア臨床教育部 部長
関西大学女子バスケットボール部トレーナー

木村 佳記 先生:大阪大学医学部附属病院リハビリテーション部
アスリートケア 広報部部員
関西テニス協会医科学委員

  • 日時:2016年11月13日(日) 9:30受付開始 10:00~16:00予定
  • 場所:大阪保健医療大学

→ http://www.ocr.ac.jp/accessmap/index.html

  • 定員:30名(先着順)
  • 受講費(資料・材料代込み)

<事前振込> 会員 5,000円  非会員 8,000円
<当日支払> 会員 7,000円  非会員 10,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては返金致しかねます。ご了承の上、お申し込み頂きますようお願い致します。

  • 申し込み期間:2016年10月1日(土)~11月6日(日)
  • 申し込み方法:WEB申し込みのみとなります。http://www.athlete-care.jp/

以下の項目(①~⑤)をもれなくご記入の上、お申込みください。

①氏名(ふりがな)

②性別

③勤務先名

④携帯電話番号(記入例090-○○○○-△△△△)

⑤E-MAILアドレス

2016年度アスリートケア研修会が開催されました

2016年10月30日(日)大阪保健医療大学2号館講堂にて、2016年度アスリートケア研修会が開催されました。

講演は、「野球選手の障害予防とパフォーマンス向上の両立」をテーマに、早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 矢内利政先生と、横浜市スポーツ医科学センター 理学療法士 坂田淳先生にお話し頂きました。

お二方とも、綿密なリサーチに基づくご講演であり、参加者130余名が熱心に聞き入っていました。

次回の研修会は2月12日(日)になります。

詳細は、後日お知らせしますので、多くの方のお越しをお待ちしています。p1020258 p1020260p1020287

 

 

2016年度アスリートケア研修会のお知らせ(事前参加登録をせずに、当日参加される方へのポイント申請に関する注意点)

すでにご案内しています通り、平成28年10月30日(日)に「2016年度アスリートケア研修会」を開催いたします。
本研修会は、日本理学療法士協会の専門理学療法士制度ポイント認定研修会であり、運動器理学療法専門分野(運動器(スポーツ))において5ポイントが付加されます。
事前参加登録をせずに、当日参加される方でポイント申請を希望される方は、当日受付においてPT協会会員番号が必要となります。
当日、PT協会会員番号が分からなければポイント申請をすることができませんので十分にご注意下さい。

なお、事前参加登録をされた方は、登録時にPT協会会員番号を届け出て頂いておりますので、当日の番号情報は不要です。