2017年 第2回ワークショップのご案内(第2報)

2017年第2回ワークショップにつきましては、「スポーツ現場におけるプライマリケア」をテーマに開催致します。スポーツ現場(練習中、試合中など)では、緊急性を要す様々なアクシデントが発生します。その際、ただちに迅速かつ適切な初期対応が求められますが、不十分な知識や技術では迅速かつ適切な対応は困難となり、選手に対して多大な不利益を与えかねません。今回のワークショップでは、そのような緊急性を要すアクシデント(外傷、熱中症、心臓震盪など)に対する処置法について、講義およびその実技演習を予定しております。実技指導については、甲子園大会などにおける具体的な事例を交えながら、看護師、救急救命士をはじめ、現場での対応に精通している先生方にお願いする予定になっております。普段はなかなか学べないような具体的な対処方法について学ぶことが出来ます。多数の会員の皆さまのご参加お待ちしております。

  • 講師

・太田善行先生
大阪医科大学付属病院 社)アスリートケア理事
第82回選抜高等学校野球大会メディカルサポート統括責任者
第26回IBAF18Uワールドカップ 高校日本代表チーム帯同

・岡本典子先生
元大阪大学医学部附属病院救命救急センター看護師
新生会 高の原中央病院 看護部外来
元奈良県高校野球連盟メディカルサポート統括責任者

・中尾英俊先生
大阪河﨑リハビリテーション大学
社)アスリートケア 学術局 ワークショップ部
第86回 選抜高等学校選手権大会メディカルサポート統括責任者
福井工大福井高校硬式野球部トレーナー

  • 日時:2017年7月9日(日) 9:30受付開始  10:00~16:00予定
  • 場所:大阪電気通信大学 駅前キャンパス(京阪 寝屋川市駅前)

http://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/#neyagawa

  • 受講費(資料代込み)

<事前振込> 会員 5,000円  非会員 8,000円
<当日支払> 会員 6,000円  非会員 9,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては返金致しかねます。ご了承の上、お申し込み頂きますようお願い致します。

  • 定員:30名
  • 申し込み期間:2017年5月19日(金)~6月16日(金)
  • 申し込み方法:WEB申し込みのみとなります。http://www.athlete-care.jp/

以下の項目(①~⑤)をもれなくご記入の上、お申込みください。

①氏名(ふりがな)  ②性別  ③勤務先名
④携帯電話番号(記入例090-○○○○-△△△△)  ⑤E-MAILアドレス

<今後の予定>

第3回ワークショップ  テーマ「テーピング」
・日時:2017年10月29日(日) 10:00~16:00
・会場:大阪電気通信大学 四條畷キャンパス
・講師:
福井 勉 先生(文京学院大学保健医療技術学部)
堀口 幸二 先生(長浜赤十字病院)
三星 健吾 先生(北播磨総合医療センター)
高橋 洋介 先生(ハーベスト医療福祉専門学校)

2017年第2回アスリートケア講習会のお知らせ

去る4月15日(土)に開催されました第1回アスリートケア講習会では、実際のスポーツ現場における活動を基に大変貴重なご講演を頂き、114名という多数の先生方にご参加いただき、ありがとうございました。
第2回アスリートケア講習会は6月17日(土)に開催されますので、前回同様に多くの方にご参加頂けますこと、心よりお待ちしております。

では、第2回アスリートケア講習会内容をお知らせします。

今回は、『運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学』でもお馴染みの森ノ宮医療大学の工藤慎太郎先生をお招きし、超音波エコーを用いた運動器疾患の治療・評価についてのご講演頂きます。
また、当法人からも行岡病院でスポーツ選手における肩・膝関節の術後症例を多数担当している3名の先生にご講演頂きます。盛り沢山な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。


●日時:2017年6月17日(土)15時~18時
●会場:大阪保健医療大学2号館(いわゆる大阪リハビリテーション専門学校)
http://www.ohsu.ac.jp/accessmap/index.html
●参加費:【会員】1000円
【非会員】2000円
【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)
●専門PT制度ポイント:現在申請中です。
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演?】『超音波エコーを用いた運動器疾患に対する評価と治療』
講師:工藤 慎太郎 先生(森ノ宮医療大学 保健医療学部 理学療法学科 講師)
【講演?】『ラグビー選手における反復性肩脱臼術前後のタックル指導効果』
講師:井上 泰博 先生(行岡病院 リハビリテーション部 理学療法科)
【講演?】『ACL再建術後症例の跳躍動作と下腿三頭筋筋力について』
講師:森岡 銀平 先生(行岡病院 リハビリテーション部 理学療法科)
【講演?】『アスリートケア研修システム -膝関節疾患に対する関節可動域
の獲得と荷重下の痛みに対するアプローチを中心に-』
講師:椎木 孝幸 先生(行岡病院 リハビリテーション部 統括科長)

是非奮ってご参加ください。

※各施設などで掲載して頂けるように、案内チラシを作成しております。
下記のURLからダウンロード・印刷して頂き、多くの方に情報を共有してもらい、興味を持っていただければと思います。

チラシ
http://xfs.jp/7xYqy2

2017年第1回アスリートケア講習会が開催されました

4月15日(土)、教育・スポーツ現場でもご活躍されている畿央大学の福本貴彦先生、当法人理事でもあります長浜赤十字病院の堀口幸二先生、今春の選抜高校野球大で統括責任者を務められた貴島病院本院付属クリニックの藤高紘平先生の3名の講師をお招きし、教育現場や実際のスポーツ現場における活動での経験をご講演頂きました。

参加者は100名を超え、大盛況でした。

2017年第2回ワークショップのご案内(第1報)

2017年第2回ワークショップにつきましては、「スポーツ現場におけるプライマリケア」をテーマに開催致します。スポーツ現場(練習中、試合中など)では、緊急性を要す様々なアクシデントが発生します。その際、ただちに迅速かつ適切な初期対応が求められますが、不十分な知識や技術では迅速かつ適切な対応は困難となり、選手に対して多大な不利益を与えかねません。今回のワークショップでは、そのような緊急性を要すアクシデント(外傷、熱中症、心臓震盪など)に対する処置法について、講義およびその実技演習を予定しております。実技指導については、甲子園大会などにおける具体的な事例を交えながら、看護師、救急救命士をはじめ、現場での対応に精通している先生方にお願いする予定になっております。普段はなかなか学べないような具体的な対処方法について学ぶことが出来ます。多数の会員の皆さまのご参加お待ちしております。

 

  • 講師

・太田善行先生 大阪医科大学付属病院 社)アスリートケア理事
第82回選抜高等学校野球大会メディカルサポート統括責任者
第26回IBAF18Uワールドカップ 高校日本代表チーム帯同

・岡本典子先生 元大阪大学医学部附属病院救命救急センター看護師
新生会 高の原中央病院 看護部外来
元奈良県高校野球連盟メディカルサポート統括責任者

・中尾英俊先生 大阪河﨑リハビリテーション大学
社)アスリートケア 学術局 ワークショップ部
第86回 選抜高等学校選手権大会メディカルサポート統括責任者
福井工大福井高校硬式野球部トレーナー

 

  • 日時:2017年7月9日(日) 9:30受付開始  10:00~16:00予定
  • 場所:大阪電気通信大学 駅前キャンパス 京阪 寝屋川市駅前
    http://www.osakac.ac.jp/institution/campus/access/#neyagawa
  • 受講費(資料代込み)

<事前振込> 会員 5,000円  非会員 8,000円

<当日支払> 会員 6,000円  非会員 9,000円

  • 定員:30名
  • 今回はお知らせのみです。まだ申し込みは受け付けておりません。申込期間は後日お知らせいたします。

4月アスリートケア講習会が専門理学療法士制度ポイント認定講習会に認証されました

かねてより、お知らせしておりました「2017年4月アスリートケア講習会」が専門理学療法士制度ポイント講習会に認証されました。

是非奮ってご参加ください。

単位の申請を希望される方は、当日の受付にてPT協会の会員番号が必要となりますので、忘れずにご来場ください。

また、今回はアスリートケア会員の当日新規入会受付は行いません。

アスリートケアへの入会意思が明確な新人の方がおられましたら、アスリートケアHPにて予めご入会手続きを行って頂き、 ご参加頂きますようお願い申し上げます。

では、第1回アスリートケア講習会内容を改めてお知らせします。

今回はアスリートケアでもご活躍で、教育・スポーツ現場でもご活躍されている畿央大学の福本貴彦先生、当法人理事でもあります長浜赤十字病院の堀口幸二先生、今春の選抜高校野球大会で統括責任者を務められる貴島病院本院付属クリニックの藤高紘平先生の3名の先生方に、教育現場や実際のスポーツ現場における活動での経験を基にご講演頂きます。盛り沢山な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。


●日時:2017年4月15日(土)15時~18時
●会場:大阪保健医療大学2号館(いわゆる大阪リハビリテーション専門学校)
http://www.ohsu.ac.jp/accessmap/index.html
●参加費:【会員】1000円
【非会員】2000円
【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)
●単位申請:専門・認定理学療法士制度ポイント(運動器 5ポイント)
※単位申請にはPT協会会員番号が必要
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演①】『教育現場での理学療法介入 ~様々な運動部活動支援に必要な知識と技術~』
講師:福本 貴彦 先生(畿央大学 健康科学部 理学療法学科)
【講演②】『投球フォームのポジション特性と障害予防について ~高校野球部サポートを通じて~』

講師:堀口 幸二 先生(長浜赤十字病院 リハビリテーション科 スポーツリハビリテーション係長)
【講演③】『大学サッカーチームにおける足部スポーツ傷害の発生について』

講師:藤高 紘平 先生(貴島病院本院付属クリニック)

是非奮ってご参加ください。

※周囲におられるアスリートケア非会員の方でいつべんMLへの参加希望の方がおられましたら、管理者 境(大阪保健医療大学 (社)アスリートケア理事)takahiro.sakai@ohsu.ac.jpまで、メールをするようお伝え下さい。

※また、各施設などで掲載して頂けるように、案内チラシを作成しております。
下記のURLからダウンロード・印刷して頂き、多くの方に情報を共有してもらい、興味を持っていただければと思います。

チラシ
http://xfs.jp/V0qfBd

<今後の予定>
第2回アスリートケア講習会

2017年6月17日(土)15:00~18:00

講師:工藤 慎太郎 先生(森ノ宮医療大学)の招聘決定

 

2017年第1回ワークショップ報告

ワークショップ部からの報告です。

2017年3月12日(日)に、大阪電気通信大学スキルアップ講座との共催で、第1回ワークショップが開催されました。エコー評価の第一人者である林典雄先生(運動器機能解剖学研究所 所長)をお招きして、「エコー評価と理学療法 -肩の腱板と膝の軟部組織—」をテーマに開催されました。
賛助会員である日本シグマックス社様のご協力もあって6台のエコー器を準備して頂き、1台のエコー器を4名の受講者が操作する、ハンズオンセミナーとして実施されました。肩と膝を中心に、運動器エコーの描出方法について、手取り足取りわかりやすく説明・指導して頂き、大変有意義なワークショップとなりました。
参加した受講生は24名、聴講生が40名、学生会員の見学が1名でした。

 

平成28年度運動器の10年・日本賞「奨励賞」の受賞を致しました

森岡理事IMG_0464IMG_0467

平成29年1月28日(土)東京の明治記念館にて、平成28年度運動器の10年・日本賞の授賞式が開催されました。その授賞式にて、当会の「学童軟式野球大会における障害予防活動」が「奨励賞」を受賞致しました。

当会では、障害予防活動として、西日本学童軟式野球大会と高野山旗全国学童軟式野球大会の支援を行っており、その内容に高い評価を頂き、受賞することになりました。ご尽力頂きました会員の皆様に深く感謝致します。

当事業は、今年度以降も支援活動を行います。関心のある方はぜひご参加ください。

(写真は「学童軟式野球大会における障害予防活動」担当の森岡理事)

 

2017年第1回アスリートケア講習会(旧称いつべん)のお知らせ

本年も4月と6月の年2回、アスリートケア講習会を開催いたします。
昨年よりアスリートケア講習会と名称を変更しグレードアップを図ってきましたが、本年も著名な講師の招聘、内容の充実化、認定理学療法士ポイント制度の採用など、講習会のグレードアップを図っていきたいと思っております。

では、第1回アスリートケア講習会内容をお知らせします。

今回はアスリートケアでもご活躍で、教育・スポーツ現場でもご活躍されている畿央大学の福本貴彦先生、当法人理事でもあります長浜赤十字病院の堀口幸二先生、今春の選抜高校野球大会で統括責任者を務められる貴島病院本院付属クリニックの藤高紘平先生の3名の先生方に、教育現場や実際のスポーツ現場における活動での経験を基にご講演頂きます。盛り沢山な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。


●日時:2017年4月15日(土)15時~18時
●会場:大阪保健医療大学2号館(いわゆる大阪リハビリテーション専門学校)
http://www.ohsu.ac.jp/accessmap/index.html
●参加費:【会員】1000円
【非会員】2000円
【学生・大学院生】無料(学生証の提示が必要)
●専門PT制度ポイント:現在申請中です。
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演1】『教育現場での理学療法介入 ~様々な運動部活動支援に必要な知識と技術~』
講師:福本 貴彦 先生(畿央大学 健康科学部 理学療法学科)
【講演2】『投球フォームのポジション特性と障害予防について ~高校野球部サポートを通じて~』
講師:堀口 幸二 先生(長浜赤十字病院 リハビリテーション科 スポーツリハビリテーション係長)
【講演3】『大学サッカーチームにおける足部スポーツ傷害の発生について』
講師:藤高 紘平 先生(貴島病院本院付属クリニック)

是非奮ってご参加ください。

周囲におられるアスリートケア非会員の方でいつべんMLへの参加希望の方がおられましたら、管理者 境(大阪保健医療大学 (社)アスリートケア理事)takahiro.sakai@ohsu.ac.jpまで、メールをするようお伝え下さい。

※また、各施設などで掲載して頂けるように、案内チラシを作成しております。
下記のURLからダウンロード・印刷して頂き、多くの方に情報を共有してもらい、興味を持っていただければと思います。

チラシ
http://xfs.jp/wiZI8i

<今後の予定>
第2回アスリートケア講習会
2017年6月17日(土)15:00~18:00
講師:工藤 慎太郎 先生(森ノ宮医療大学)の招聘決定

2017年アスリートケア研修会開催

2月12日(日)に2017年アスリートケア研修会を開催しました。

下河内洋平講師(大阪体育大学)による「ACL損傷予防とパフォーマンス向上は両立させることができるか?」、

小笠原 一生 講師(大阪大学)による「バイオメカニクスから見た下肢スポーツ外傷」の他、当法人からも

向井公一、里田由美子、安達由紀の3氏がACL損傷予防に関する研究を紹介しました。

ACL損傷に泣くアスリートを無くしたい!

そんな情熱あふれる研修会でした。

P1050057P1050060P1050045