athletecareNetKANRIBU のすべての投稿

2019年 第2回ワークショップのお知らせ【第2報】

2019年 第2回ワークショップの申込受付を開始致します。

「大阪電気通信大学 メカトロニクス基礎研究所 大学院医療福祉工学専攻 理学療法士のためのスキルアップ講座」との共催で、「野球選手のボディメカニクスとコンディショニング」をテーマに、ワークショップを開催いたします。野球選手に対するコンディショニングの第一人者である能勢康史先生をお招きし、投球障害の予防に必要なボディメカニクスを、デモンストレーションを交えてご講演いただきます。現場で役立つ、より実践的なスキルを身につけるために必要なお話が聞けるかと思います。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【講師】能勢康史先生(NPO 法人 野球共育塾 理事長)

【略歴】

1984 年3月 国士館大学体育学部体育学科卒業
1992 年3月 筑波大学大学院修士課程体育研究科修了
1992 年~2006 年 国士館大学, 王子製紙, 住友金属鹿島などの硬式野球部コンディショニングコーチを歴任
2009 年~2015 年 日本野球連盟競技力向上委員会医科学部会委員
2010 年~2016 年 新宿メディカルセンタースポーツ班アドバイザー
2013 年~ NPO 法人 野球共育塾 理事長

【著書】

野球肘検診マニュアル:柏口新二・松浦哲也・能勢康史監修、2018 年
野球の医学:菅谷啓之・山崎哲也・能勢康史監修、文光堂、2017 年
よく分かる野球肘-内側部障害:柏口新二・能勢康史監修、全日本病院出版会、2016 年
他多数

【日時】2019 年7月7日(日) 13時30 分 〜 16時45分

【予定】

① 大阪電気通信大学 スキルアップ講座 講演会・・・・  13時30分 ~ 14時30分
② 社) アスリートケア  ワークショップ・・・・・・・・14時45分 ~ 16時45分

【場所】

大阪電気通信大学 駅前キャンパス 多目的室(101)
大阪府寝屋川市早子町12-16

【定員】30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。)

【受講費】(資料代込み)

<事前振込> 会員 3,000円  非会員 6,000円
<当日支払> 会員 4,000円  非会員 7,000円

【申込期間】2019年5月18日(土)~  6月17 日(月)

【申し込み方法】

*お手数ですが、①、②の両方にお申込み下さい。

①「大阪電気通信大学 スキルアップ講座 講演会」へのお申込み方法
➡  メールでの申し込みとなります。
「氏名」と「所属」をメールアドレス(pt-skillup@mc2.osakac.ac.jp)まで送付してください。

②「ワークショップ」へのお申込み方法
➡  WEBからの申し込みとなります。
当法人のホームページ http://www.athlete-care.jp/ から、「各種メールフォーム」のタグから「ワークショップ参加申込」を開き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

2019年 第2回ワークショップのお知らせ【第1報】

2019年 第2回ワークショップのご案内です。

「大阪電気通信大学 メカトロニクス基礎研究所 大学院医療福祉工学専攻 理学療法士のためのスキルアップ講座」との共催で、「野球選手のボディメカニクスとコンディショニング」をテーマに、ワークショップを開催いたします。野球選手に対するコンディショニングの第一人者である能勢康史先生をお招きし、投球障害の予防に必要なボディメカニクスを、デモンストレーションを交えてご講演いただきます。現場で役立つ、より実践的なスキルを身につけるために必要なお話が聞けるかと思います。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【講師】能勢康史先生(NPO 法人 野球共育塾 理事長)

【略歴】

1984 年3月 国士館大学体育学部体育学科卒業
1992 年3月 筑波大学大学院修士課程体育研究科修了
1992 年~2006 年 国士館大学, 王子製紙, 住友金属鹿島などの硬式野球部コンディショニングコーチを歴任
2009 年~2015 年 日本野球連盟競技力向上委員会医科学部会委員
2010 年~2016 年 新宿メディカルセンタースポーツ班アドバイザー
2013 年~ NPO 法人 野球共育塾 理事長

【著書】

野球肘検診マニュアル:柏口新二・松浦哲也・能勢康史監修、2018 年
野球の医学:菅谷啓之・山崎哲也・能勢康史監修、文光堂、2017 年
よく分かる野球肘-内側部障害:柏口新二・能勢康史監修、全日本病院出版会、2016 年
他多数

【日時】2019 年7月7日(日) 13時30 分 〜 16時45分

【予定】

① 大阪電気通信大学 スキルアップ講座 講演会・・・・  13時30分 ~ 14時30分
② 社) アスリートケア  ワークショップ・・・・・・・・14時45分 ~ 16時45分

【場所】

大阪電気通信大学 駅前キャンパス 多目的室(101)
大阪府寝屋川市早子町12-16

【定員】第2報でお知らせ致します

【受講費】第2報でお知らせ致します

【申込期間】申し込み開始は、5月中旬を予定しております。

【申し込み方法】

*お手数ですが、①、②の両方にお申込み下さい。

①「大阪電気通信大学 スキルアップ講座 講演会」へのお申込み方法
➡  メールでの申し込みとなります。
「氏名」と「所属」をメールアドレス(pt-skillup@mc2.osakac.ac.jp)まで送付してください。

②「ワークショップ」へのお申込み方法
➡  WEBからの申し込みとなります。
当法人のホームページ http://www.athlete-care.jp/ から、「各種メールフォーム」のタグから「ワークショップ参加申込」を開き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

「2019年 第2回アスリートケア講習会」のお知らせ

2019年6月8日(土)に「第2回アスリートケア講習会」を開催しますのでご案内いたします。
今回は、バイオメカニクスに精通しておられる大阪電気通信大学大学院の藤川智彦先生をお招きし、生体力学の観点から跳躍・着地動作についてご講演頂きます。
また、ACL損傷やトレーニングに精通しておられ、現場での指導経験も豊富な、大阪体育大学大学院の下河内洋平先生をお招きし、伸長-短縮サイクル運動の原理やそのトレーニングについてご講演頂きます。
行岡病院の中畑温貴先生には、症例提示をして頂きながらACL再建術後におけるジャンプ動作についてご講演頂きます。
さらに、スポーツ現場での経験豊富な島 樹先生にパラリンピック水泳競技での経験を交えて現場活動についてご講演頂きます。
大変盛り沢山な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

●日時:2019年6月8日(土)15時〜18時
●会場:大阪保健医療大学1号館
https://www.ohsu.ac.jp/access/
大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校)ではありませんのでご注意下さい
●参加費:【会員】1000円
【非会員】3500円
【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)
アスリートケアに入会希望の方は、事前にアスリートケアHP ( http://athlete-care.jp/ ) にて入会手続きをお済ませ頂き、ご参加ください。
●専門PT制度ポイント:申請中
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演1】『二関節筋の機能に着目した跳躍・着地動作』
講師:藤川 智彦 先生(大阪電気通信大学大学院 医療福祉工学研究科 教授)
【講演2】『伸長-短縮サイクル運動の原理とトレーニング』
講師:下河内 洋平 先生(大阪体育大学大学院 スポーツ科学研究科 教授)
【講演3】『ACL再建術後におけるジャンプ動作』
講師:中畑 温貴 先生(行岡病院 リハビリテーション科)
【講演4】『スポーツ現場での理学療法士の役割 -パラリンピック水泳競技を通して-』
講師:島 樹 先生(西大阪訪問看護ステーション サテライト大正 所長)

是非奮ってご参加ください。

アスリートケア非会員用研修会・講習会開催情報メーリングリスト(いつべんML)に登録希望の方がお知り合いにおられましたら、管理者 境(大阪保健医療大学 (社)アスリートケア理事)takahiro.sakai@ ohsu.ac.jp まで、メールをするようにお伝え下さい。

※また、各施設などで掲載して頂けるように、案内チラシを作成しております。
下記のURLからダウンロード・印刷して頂き、多くの方に情報を共有してもらい、興味を持っていただければと思います。
http://wp.me/a5iGzV-Ng

多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

「2019年 第1回アスリートケア講習会」報告

2019年4月13日(土)、大阪保健医療大学にて「2019年 第1回アスリートケア講習会」が開催されました。
今回は、建内宏重先生(京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 予防理学療法学講座 特定准教授)により「股関節機能の作り方」と、神谷訓康先生(大阪医科大学 医学部 衛生学・公衆衛生学教室,講師)により「スポーツ関連文献の読み方まとめ方」についてご講演いただきました。また、アスリートケア研修生からは、投球障害に関する症例報告がなされました。
活発な意見交換がなされ、有意義な講習会となりました。

「第2回アスリートケア講習会」は、2019年6月8日(土)に開催されます。
詳細につきましては、ホームページにて改めてご案内いたします。
皆様のご参加お待ちしております。

第54回日本理学療法学術研修大会 in 徳島でのハンズオンセミナーについて

来る2019年5月25,26日に徳島で開催されます、第54回日本理学療法学術研修大会でアスリートケアの会員がハンズオンセミナーを担当します。

興味のある方は、是非ご参加ください。

2019年5月25日(土)17:40~20:40

アスリートケアⅠ ~スポーツ損傷膝の評価・治療・予防~

講師:小柳磨毅、中江徳彦、三谷保弘、松尾高行、木村佳記、向井公一、成 俊弼

2019年5月26日(日)9:00~12:00

アスリートケアⅡ ~上肢スポーツ損傷の評価・治療・予防~

講師:境 隆弘、田中正栄、元脇周也、福田明雄、来田晃幸、今高康詞、井上泰博

詳細は、大会HP https://convention.japanpt.or.jp/nichiken/54/program.html をご覧ください。

 

2019年アスリートケア4月講習会のお知らせ

本年も4月と6月の年2回、アスリートケア講習会を開催いたします。

※本年2月に行われましたアスリートケア研修会にて配布させて頂きましたチラシに一部誤りがございました。非会員の会費が2000円と記載されていますが、正しくは3500円です。訂正してお詫び申し上げます。配布しましたチラシは破棄して頂き、本メーリングリストでのチラシをご使用いただきますようお願い申し上げます。

では、2019年アスリートケア4月講習会内容をお知らせします。

今回は京都大学大学院の建内宏重先生をお招きして股関節機能をテーマにご講演頂きます。また、大阪医科大学の神谷訓康先生には、文献の読み方まとめ方についてご講演頂きます。さらに研修生報告もあり、盛り沢山な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。


●日時:2019年4月13日(土)15時~18時
●会場:大阪保健医療大学2号館(いわゆる大阪リハビリテーション専門学校)
http://www.ohsu.ac.jp/accessmap/index.html

●参加費※事前申込は不要です。

【会員】1000円
【非会員】3500円
【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)

●単位申請:専門・認定理学療法士制度ポイント(運動器、基礎ともに全領域:5ポイント)

※単位申請にはPT協会会員番号が必要となります
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演①】『股関節機能の作り方』

講師:建内 宏重 先生(京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 予防理学療法学講座 特定准教授)

【講演②】『スポーツ関連文献の読み方まとめ方』

講師:神谷 訓康 先生(大阪医科大学 医学部 衛生学・公衆衛生学教室 講師)

【研修生報告】『投球障害の症例報告』

講師:小林 陣大 先生(行岡病院 リハビリテーション科)

是非奮ってご参加ください。

※周囲におられるアスリートケア非会員の方で講習会用MLへの参加希望の方がおられましたら、管理者 境(大阪保健医療大学 (社)アスリートケア理事)takahiro.sakai@ohsu.ac.jpまで、メールをするようお伝え下さい。

※また、各施設などで掲載して頂けるように、案内チラシを作成しております。
下記のURLからダウンロード・印刷して頂き、多くの方に情報を共有してもらい、興味を持っていただければと思います。

チラシ
http://xfs.jp/AJVNtV

<今後の予定>
第2回アスリートケア講習会

2019年6月8日(土)15:00~18:00

「伸張-短縮サイクル運動の原理とトレーニング」

講師:下河内 洋平 先生(大阪体育大学)、他

2019年第1回ワークショップ報告

ワークショップ部からの報告です。

2019年3月17日(日)に、大阪保健医療大学2号館にて「テーピング」をテーマで第1回ワークショップが開催されました。
元脇周也先生(関西メディカル病院、社)アスリートケア理事)による、テーピングの目的などの総論の講義の後、はじめに、三星健吾先生(北播磨総合医療センター、兵庫県理学療法士会スポーツ活動支援部部長)による、足関節・肘関節に対するテーピングについての講義と実技演習が行われました。その後、山口元太朗 先生 (牧整形外科病院、大阪工業大学硬式野球部トレーナー、福井工大福井高校野球部トレーナー、関西女子ラグビー協会トレーナー)による、投球障害に対するテーピングについての講義と実技演習が行われ、最後に事例検討が行われました。動画での説明など、わかりやすい指導・解説で、大変有意義なワークショップとなりました。
参加した受講生は24名、学生会員の見学が10名でした。

2019年 第1回ワークショップのご案内【第3報】

ワークショップの受講申し込みの期限を、1週間延長致します。

今回のワークショップは「テーピング」をテーマに開催いたします。
テーピングは、スポーツ選手のけがの再発防止や応急処置などで大きな効果を発揮する手技のひとつです。そのスキルを身につけることは、スポーツ障害に関わる上で必須のことだと言えます。今回のワークショップでは、その基礎を確実にマスターして頂くことを目標に、基本的な巻き方に関する技術はもちろんのこと、事例を通してどのように巻き方を考えていくのかなど、実践的な考えるスキルについても学んで頂く予定にしております。
講師は、数多くのアスリート達の傷害予防や競技復帰に向けて、日々現場で奮闘している先生方にお願いしております。予定時間の中で、できる限りたくさんテープに触れていただき、技術および考えるスキルを高めていただきたいと考えております。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【講師】

‣元脇周也先生(関西メディカル病院、社)アスリートケア理事)
‣三星健吾先生(北播磨総合医療センター、兵庫県理学療法士会スポーツ活動支援部部長)
‣山口元太朗 先生 (牧整形外科病院、大阪工業大学硬式野球部トレーナー、福井工大福井高校野球部トレーナー、関西女子ラグビー協会トレーナー)

【日時】2019年 3月17日(日) 9:30受付開始 10:00〜16:00予定

 

【場所】大阪保健医療大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校)

→ http://www.ocr.ac.jp/accessmap/index.html

【定員】30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。)

【受講費】(資料・テーピング代込み)

‣事前振込 : 会員 7,000円  非会員 10,000円
‣当日支払 : 会員 8,000円  非会員 11,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。 受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては、返金致しかねますので、ご了承の上お申し込み頂きますようお願い致します。

【申込期間】2019年  1月 15日(火) ~ 3月 3日(日)

 

【申し込み方法】WEB申し込みのみとなります。 当法人のホームページ http://www.athlete-care.jp/ から、「各種メールフォーム」のタグから「ワークショップ参加申込」を開き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

2019年アスリートケア研修会を開催しました

2月3日(日)に、大阪保健医療大学にて「2019年アスリートケア研修会」を開催しました。

今回の講演は、伊坂忠夫先生(立命館大学スポーツ健康科学部 学部長・教授)による「体幹・下肢の筋・腱の形態とパフォーマンスとの関係」と、荒木 茂先生(石川県立明和特別支援学校 自立活動部、元日本理学療法士協理事)による「体幹・下肢のトレーニングについて」でした。

多くの参加者にご来場いただき、みなさん熱心に聴講しておられました。

次は、以下の講演会を予定しています。

●日時:2019413日(土)15時~18
場:大阪保健医療大学2号館(いわゆる大阪リハビリテーション専門学校)
http://www.ohsu.ac.jp/accessmap/index.html
●参加費:【員】1000
     【非員】3500
     【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)
●単位申請:専門・認定理学療法士制度ポイント(運動器、基礎ともに全領域:5ポイント)
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演①】『股関節機能の作り方』
    講師:建内 宏重 先生(京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 予防理学療法学講座 特定准教授)
【講演②】『スポーツ関連文献の読み方まとめ方』
講師:神谷 訓康 先生(大阪医科大学 医学部 衛生学・公衆衛生学教室 講師)
研修生報告】『投球障害の症例報告(仮)』
講師:小林 陣大 先生(行岡病院 リハビリテーション科)

是非奮ってご参加ください。