お知らせ

2016年第3回ワークショップ報告

2016年11月13日(日)に、2016年第3回ワークショップが、「下肢傷害に対するアプローチ」をテーマに開催されました。藤本智久先生(姫路赤十字病院リハビリテーション技術課、社)アスリートケア理事)による総論の講義の後、松尾高行先生(大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科准教授)、三谷保弘先生(関西福祉科学大学保健医    療学部リハビリテーション学科准教授)、木村佳記先生(大阪大学医学部附属病院リハビリテーション部)による、実技演習を主体とした講義が行われました。松尾先生は、「膝関節鏡視下手術後の理学療法」を、三谷先生は、「体幹機能からみた下肢スポーツ傷害」を、木村先生は、「片脚支持性の改善を目的とした閉鎖性運動連鎖トレーニング」をテーマに演習・講義をしていただきました。参加した受講生は28名、学生会員の見学が4名でした。

 

2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%971 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%972 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%973 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%974 2016%e5%b9%b4%e7%ac%ac3%e5%9b%9e%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%975