お知らせ

2017年度 第2回アスリートケア講習会のご案内【第3報】

6月に入りました。
2017年第2回アスリートケア講習会を6月17日(土)に開催することは既にお知らせ済みですが、先日、専門・認定理学療法士制度ポイント(基礎 5ポイント)が正式に認証されました。
単位の申請を希望される方は、当日の受付にてPT協会の会員番号が必要となりますので、忘れずにご来場ください。

では、改めて第2回アスリートケア講習会内容をお知らせします。

今回は、『運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学』でもお馴染みの森ノ宮医療大学の工藤慎太郎先生をお招きし、超音波エコーを用いた運動器疾患の治療・評価についてのご講演頂きます。
また、当法人からも行岡病院でスポーツ選手における肩・膝関節の術後症例を多数担当している3名の先生にご講演頂きます。盛り沢山な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

     記
●日時:2017年6月17日(土)15時~18時
●会場:大阪保健医療大学2号館(いわゆる大阪リハビリテーション専門学校)
http://www.ohsu.ac.jp/accessmap/index.html
●参加費:【会員】1000円
     【非会員】2000円
     【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)
●単位申請:専門・認定理学療法士制度ポイント(基礎 5ポイント)
  ※単位申請にはPT協会会員番号が必要
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演?】『超音波エコーを用いた運動器疾患に対する評価と治療』
講師:工藤 慎太郎 先生(森ノ宮医療大学 保健医療学部 理学療法学科 講師)
【講演?】『ラグビー選手における反復性肩脱臼術後のタックル指導効果』
講師:井上 泰博 先生(行岡病院 リハビリテーション部 理学療法科)
【講演?】『ACL再建術後における跳躍動作と足関節底屈筋筋力の関係』
講師:森岡 銀平 先生(行岡病院 リハビリテーション部 理学療法科)
【講演?】『アスリートケア研修システム
-膝関節疾患に対する関節可動域の獲得と荷重下の痛みに対するアプローチを中心に-』
講師:椎木 孝幸 先生(行岡病院 リハビリテーション部 統括科長)

是非奮ってご参加ください。

※また、各施設などで掲載して頂けるように、案内チラシを作成しております。
下記のURLからダウンロード・印刷して頂き、多くの方に情報を共有してもらい、興味を持っていただければと思います。

チラシ
http://xfs.jp/gyAdZV