お知らせ

縦断的支援障害予防活動について

甲子園サポート部障害予防班からのお知らせです。

【縦断的支援予防活動について】

経緯

1994年から春夏の甲子園大会におきまして、整形外科医師と共に投手検診並びに大会中の健康支援に協力してきました。2017年より甲子園で実施してきた大会前投手検診が地方に移管され各都道府県での障害予防に舵が切られました。そこで我々アスリートケアは、甲子園での健康支援の経験をもとに大阪府下における高校野球部の障害予防を目的に縦断的支援を実施しています。

 

目的

高校野球選手における障害予防

 

活動内容

①アンケート調査(練習時間、障害発生頻度)

②講義

③コンディションチェック

④コンディショニング指導

⑤個別相談

 

文責

甲子園サポート部 障害予防班

秦 大介