お知らせ

「2019年 第2回アスリートケア講習会」報告

2019年6月8日(土)、大阪保健医療大学にて「2019年 第2回アスリートケア講習会」が開催されました。
今回は、藤川智彦先生(大阪電気通信大学大学院 医療福祉工学研究科、教授)により「二関節筋の機能に着目した跳躍・着地動作」と、下河内洋平先生(大阪体育大学大学院 スポーツ科学研究科、教授)により「伸張-短縮サイクル運動の原理とトレーニング」についてご講演いただきました。また、島 樹先生(西大阪訪問看護ステーション サテライト大阪、所長)からは「スポーツ現場での理学療法士の役割 -パラリンピック水泳競技を通して-」、中畑温貴先生(行岡病院リハビリテーション科)からは「ACL再建術後におけるジャンプ動作」についてご講義いただきました。
総合討論や質疑応答なども行われ、充実した講習会となりました。

次回は、2020年2月9日(日)、14:00~大阪保健医療大学にて「2020年 アスリートケア研修会」が開催されます。亀山顕太郎先生(スポ・ラボ代表理事)、甲斐義浩先生(京都橘大学健康科学部、准教授)をお招きし「投球障害の予防とパフォーマンスの向上(仮)」をテーマにご講演いただきます。詳細が決まり次第ホームページにて掲載いたします。皆様のご参加お待ちしております。