お知らせ

2019年 第1回ワークショップのご案内【第3報】

ワークショップの受講申し込みの期限を、1週間延長致します。

今回のワークショップは「テーピング」をテーマに開催いたします。
テーピングは、スポーツ選手のけがの再発防止や応急処置などで大きな効果を発揮する手技のひとつです。そのスキルを身につけることは、スポーツ障害に関わる上で必須のことだと言えます。今回のワークショップでは、その基礎を確実にマスターして頂くことを目標に、基本的な巻き方に関する技術はもちろんのこと、事例を通してどのように巻き方を考えていくのかなど、実践的な考えるスキルについても学んで頂く予定にしております。
講師は、数多くのアスリート達の傷害予防や競技復帰に向けて、日々現場で奮闘している先生方にお願いしております。予定時間の中で、できる限りたくさんテープに触れていただき、技術および考えるスキルを高めていただきたいと考えております。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【講師】

‣元脇周也先生(関西メディカル病院、社)アスリートケア理事)
‣三星健吾先生(北播磨総合医療センター、兵庫県理学療法士会スポーツ活動支援部部長)
‣山口元太朗 先生 (牧整形外科病院、大阪工業大学硬式野球部トレーナー、福井工大福井高校野球部トレーナー、関西女子ラグビー協会トレーナー)

【日時】2019年 3月17日(日) 9:30受付開始 10:00〜16:00予定

 

【場所】大阪保健医療大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校)

→ http://www.ocr.ac.jp/accessmap/index.html

【定員】30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。)

【受講費】(資料・テーピング代込み)

‣事前振込 : 会員 7,000円  非会員 10,000円
‣当日支払 : 会員 8,000円  非会員 11,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。 受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては、返金致しかねますので、ご了承の上お申し込み頂きますようお願い致します。

【申込期間】2019年  1月 15日(火) ~ 3月 3日(日)

 

【申し込み方法】WEB申し込みのみとなります。 当法人のホームページ http://www.athlete-care.jp/ から、「各種メールフォーム」のタグから「ワークショップ参加申込」を開き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

2019年アスリートケア研修会を開催しました

2月3日(日)に、大阪保健医療大学にて「2019年アスリートケア研修会」を開催しました。

今回の講演は、伊坂忠夫先生(立命館大学スポーツ健康科学部 学部長・教授)による「体幹・下肢の筋・腱の形態とパフォーマンスとの関係」と、荒木 茂先生(石川県立明和特別支援学校 自立活動部、元日本理学療法士協理事)による「体幹・下肢のトレーニングについて」でした。

多くの参加者にご来場いただき、みなさん熱心に聴講しておられました。

次は、以下の講演会を予定しています。

●日時:2019413日(土)15時~18
場:大阪保健医療大学2号館(いわゆる大阪リハビリテーション専門学校)
http://www.ohsu.ac.jp/accessmap/index.html
●参加費:【員】1000
     【非員】3500
     【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)
●単位申請:専門・認定理学療法士制度ポイント(運動器、基礎ともに全領域:5ポイント)
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域
●内容:
【講演①】『股関節機能の作り方』
    講師:建内 宏重 先生(京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 予防理学療法学講座 特定准教授)
【講演②】『スポーツ関連文献の読み方まとめ方』
講師:神谷 訓康 先生(大阪医科大学 医学部 衛生学・公衆衛生学教室 講師)
研修生報告】『投球障害の症例報告(仮)』
講師:小林 陣大 先生(行岡病院 リハビリテーション科)

是非奮ってご参加ください。 

第91回 選抜高等学校野球大会  学生見学の募集

 

 当会と学生会員が連絡を行い、学生見学を実施いたします。

 応募資格:一般社団法人アスリートケア学生会員であること。

 応募期間:2月11日(月)~3月4日(月)期間厳守

 見学期間:3月25日(月)~3月31日(日)

 応募方法

 氏名(ふりがな)、性別、メールアドレス(パソコン用)、

 連絡先(携帯番号可)、学校名を明記し

E-mail:yahh834@yahoo.co.jp まで応募してください。

 折り返し、学生見学申込み用紙をお送りいたします。

 送信後3日間、連絡がない場合はご連絡ください。

お問い合わせ

 〒779-3105  徳島市国府町東高輪字天満369-1

専門学校 健祥会学園 理学療法学科 松浦 康 宛

TEL:088-642-9666  FAX:088-642-9227

 E-mail:yahh834@yahoo.co.jp

2019年アスリートケア研修会のお知らせ(第4報)【事前参加登録の締切は1月25日です】※延長はありません

2019年2月3日(日)に「2019年アスリートケア研修会」を開催いたします。
今回の研修会は、伊坂忠夫先生(立命館大学スポーツ健康科学部 学部長・教授)、荒木 茂先生(石川県立明和特別支援学校 自立活動部、元日本理学療法士協会理事)のお二方をお招きし、「体幹・下肢」をテーマにご講演いただきます。
「体幹・下肢」に関する多くの知見が得られる機会になると思いますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

現在、事前参加登録を受付中です。事前参加登録をしていただきますと参加費が割引となります。会場での受付を円滑に行うためにも、是非とも事前参加登録をお願いいたします。
事前参加登録期間は2019年1月4日(金)~1月25日(金)です。お早めにご登録下さい。
事前参加登録フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/59f1bcf2600445

【案内ポスターダウンロードURL】
http://wp.me/a5iGzV-KU

【日時】
2019年2月3日(日)13:00~17:15(受付12:30~)

【会場】
大阪保健医療大学2号館 講堂(大阪市北区天満1-17-3)
http://www.ohsu.ac.jp/access/ 会場には駐車場がありませんので公共交通手段をご利用下さい

【内容】
講演Ⅰ:体幹・下肢の筋・腱の形態とパフォーマンスとの関係
伊坂 忠夫 先生(立命館大学スポーツ健康科学部 学部長・教授)
講演Ⅱ:体幹・下肢のトレーニングについて
荒木 茂 先生(石川県立明和特別支援学校 自立活動部、元日本理学療法士協会理事)

* 当日は、アスリートケア助成研究発表(2017年採択演題)や企業(賛助会員)による機器展示も行われます。

【参加費】
・事前参加登録 会員3,000円 非会員7,000円 学生・大学院生(会員)無料 学生・大学院生(非会員)1,000円
・当日参加登録 会員4,000円 非会員8,000円 学生・大学院生(会員)1,000円 学生・大学院生(非会員)2,000円
※ アスリートケアに入会予定がある場合は、先に入会手続きを済ませてから、会員での参加登録をして下さい(ただし、事前参加登録期間は延長しませんので、早めの入会手続きをお願いいたします)。
※ 事前参加登録は、「事前参加登録フォームでの受け付け」と「参加費の振込」をもって完了となります(学生・大学院生会員は振込の必要はありません)。事前参加登録フォームでの受け付け後、参加費の振込先をメールにて返信いたしますので、1週間以内に振り込みを完了して下さい。なお、入金後のキャンセルにつきましては返金いたしかねます。
当日参加登録の方は、当日受付にて参加費をお支払い下さい。

【事前参加登録方法】
事前参加登録期間: 2019年1月4日(金)~1月25日(金)
なお、本研修会は、専門・認定理学療法士制度ポイント認定研修会ではありません。

事前参加登録フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/59f1bcf2600445

第91回選抜高等学校野球大会 健康支援スタッフ募集要項

91選抜高等学校野球大会 健康支援募集要項 統括責任者 : 山口 元太朗 (牧整形外科病院

この度、第91回選抜高等学校野球大会健康支援事業の統括責任者という大役にご指名を頂き、身の引き締まる思いとともに大変光栄に存じます。

時代の節目である平成最後の選抜大会であり、高校野球においても投球制限や選手の傷害、サポートのあり方について変革を求められ、注目される大会であると感じます。また今年はラグビーW杯、来年には東京オリンピックの開催を控え、わが国でもスポーツに対する注目は高まっております。そのような中で20年を超え甲子園大会健康支援事業活動を継続している本会の使命も非常に大きいと感じます。

選手達にとっては人生でたった1度の大会です。その貴重な一瞬に携われることに喜びを感じ、選手一人ひとりが悔いなくプレーできるよう、参加される皆様の経験や技術を存分に発揮いただき、健康支援活動をして頂きますようご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

 

甲子園大会健康支援スタッフ募集期間 】  

〈大会前甲子園練習サポート〉  平成3118日() ~20日(  ※予定

*注意 : 今回も従来の検診(医師の診察、可動域測定)は実施致しません。今回も甲子園練習時のアクシデントへの対応、練習前のテーピング、コンディショニングなどの健康支援になる予定です。スタッフ数も削減されているため、ご参加いただけない場合もございます。予めご了承ください。

*会場 : 阪神甲子園球場

〈本大会〉   平成3123日() ~日(  ※予備日含む

*注意 : 準々決勝の翌日は休養日となり甲子園大会健康支援活動はありません。 ただし、大会進行状況により休養日は消失する可能性があります。

【申し込み期間】 平成3122日(火)~日(火)まで  ※期限の遵守をお願い致します。

 【応募資格】

・一般社団法人アスリートケア会員  ※年会費納入者 ・理学療法士賠償責任保険制度への加入 →PT協会に入会していない方は上記保険制度に加入できません。また加入していても保険適応期間外の場合、参加していただけません。ご自身の責任において必ず加入いただき、保険適応期間をご確認の上、ご応募ください。

*アスリートケア会員でない方は応募できません。参加を希望される場合は、HPより入会申し込みをしていただきますようお願い致します。

*学生会員の見学応募とは異なりますので、ご注意ください。

【申し込み方法】

当会ホームページ( http://athlete-care.jp/ )のメディカルサポート参加申込」よりお申し込み下さい。

【注意事項】

□シフト決定後の変更およびキャンセルは、運営上支障を来しますので絶対にないようお願い致します。

□応募期間外の変更・キャンセル等は受け付けませんのでご了承ください。

□大会中に出場チームに関わりをもつ場合、甲子園大会健康支援事業への参加ができません必ず備考欄に“関わりを持つ可能性がある高校名”を記載ください。出場校が決まり次第、ご連絡させていただきます。

サポート校が出場した場合の参加条件

・大会中にサポート校への関わりを持たない場合

・大会中にサポート校へのかかわりを持つ場合はトーナメント表でサポート校の山と違う日

・サポート校が負けた翌日以降

□申し込み送信後、返信メールが届きます。
1)送信確認メール : 送信直後、サーバーからの自動返信
1)のメールが届かない場合は、記入されたアドレスが間違えている、メールボックスが満杯になっている、または、迷惑メールボックスに配信されている可能性がありますのでご確認ください。アドレスの間違いであれば再度申し込みをお願い致します。

□シフト表の配信は、/2(土)を予定しておりますので、3日以上経過しても届かない場合は以下までお問い合わせください。また、「迷惑メールフォルダ」に届いている可能性もありますので確認をお願い致します。

□甲子園大会健康支援事業に関するお問い合わせ ◆アスリートケア  甲子園サポート部部長  齋藤 日出海 TEL 072‐821‐2707 ((一財)大阪府結核予防会大阪病院 直通) E-mail : baseball-support@athlete-care.jp

 【スタッフの決定】

・大会中健康支援事業に応募していただいた方は基本「1日」は参加していただけるようにシフトを組む予定です。但し、参加者が集中した場合は、二部制(午前・午後)、もしくはご参加いただけない場合がございます。予めご了承ください。(例年、土日が応募多数となっております。人数が集中する場合は別日へ変更可能かの問い合わせをする場合がございます。)

・大会前甲子園練習サポートに関しては、スタッフ数が限られますので応募が多い場合、ご参加いただけない可能性があることを予めご了承ください。 ・連続して複数日希望される方は明記してください。

・甲子園大会健康支援事業への参加経験やサポート部合同勉強会、当会主催の研修会およびワークショップへの参加履歴等を加味してシフトを決定しております。

・その他の理由でご希望に添えない場合もありますが、予めご了承ください。

【班長・副班長対象の会議】

運営会議 17日(日) 10~18:00  会場 :大阪保健医療大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校) ※会場URL : http://www.ocr.ac.jp/accessmap/index.html

反 省 会 22日(日) 14:00~16:00  会場 : 関西メディカルリハ倶楽部  ※新しい会場になりますので、ご確認の上ご来場ください。 住所 : 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番7の2号  ウィステリア千里中央内11階 ※関西メディカル病院とは入り口が異なりますのでご注意ください。

⇒会場アクセスURL : https://kansaimedical-hp.jp/outline/access.php

 

班長・副班長に該当されている先生には別にご連絡させていただきますので、万障お繰り合わせの上、可能な限りご出席下さい。お忙しいこととは存じますが宜しくお願い致します。

甲子園サポート研修会】

甲子園大会での健康支援活動の経験の浅い方(参加が5回未満)や事前準備として参加を希望される方、健康支援事業には応募していないが甲子園健康支援に興味のある会員および学生会員を対象に開催致します。内容は、甲子園大会健康支援事業概要のビデオ説明、投手検診およびクーリングダウン実技講習、アイシング用品の使用方法などのレクチャ-です。

○日程

第1回目  13日() 19:30~21:00  場所:関西医科専門学校

第2回目  17日(日) 10~1:00  場所:大阪保健医療大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校) ※会場URL : http://www.ocr.ac.jp/accessmap/index.html

*第1回、2回とも同内容です。いずれかのご参加でも結構です。更に内容を深めたい場合は両日の参加も可能です。

○講師 : 甲子園サポート部部員、山口元太朗(統括責任者)、コンディショニング班・物品班班員

○参加費 : 無料

○持ち物 : 実技がありますので動きやすい服装でお願いします。 3月13日(会場:関西医科専門学校)に参加される方は、上履きを持参下さい。 研修会資料は、申込者にデータ配信します。ご自身でプリントアウトするなどしてご準備ください。 ※PDFファイルを受け取れるメールアドレスを申し込み時に入力ください。

○申し込み方法  以下のURLにアクセスし申し込みください。 ⇒申し込みフォーム : https://ssl.form-mailer.jp/fms/b6ad44cd340763

甲子園サポート部  齋藤 日出海 ・ 松本 剛 担当理事  堀口 幸二 ・ 元脇 周也

2019年 第1回ワークショップのご案内【第2報】

2019年第1回ワークショップの受講申し込みの受付を開始致します。

今回のワークショップは「テーピング」をテーマに開催いたします。
テーピングは、スポーツ選手のけがの再発防止や応急処置などで大きな効果を発揮する手技のひとつです。そのスキルを身につけることは、スポーツ障害に関わる上で必須のことだと言えます。今回のワークショップでは、その基礎を確実にマスターして頂くことを目標に、基本的な巻き方に関する技術はもちろんのこと、事例を通してどのように巻き方を考えていくのかなど、実践的な考えるスキルについても学んで頂く予定にしております。
講師は、数多くのアスリート達の傷害予防や競技復帰に向けて、日々現場で奮闘している先生方にお願いしております。予定時間の中で、できる限りたくさんテープに触れていただき、技術および考えるスキルを高めていただきたいと考えております。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【講師】

‣元脇周也先生(関西メディカル病院、社)アスリートケア理事)
‣三星健吾先生(北播磨総合医療センター、兵庫県理学療法士会スポーツ活動支援部部長)
‣山口元太朗 先生 (牧整形外科病院、大阪工業大学硬式野球部トレーナー、福井工大福井高校野球部トレーナー、関西女子ラグビー協会トレーナー)

【日時】2019年 3月17日(日) 9:30受付開始 10:00〜16:00予定

【場所】大阪保健医療大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校)

→ http://www.ocr.ac.jp/accessmap/index.html

【定員】30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。)

【受講費】(資料・テーピング代込み)

‣事前振込 : 会員 7,000円  非会員 10,000円
‣当日支払 : 会員 8,000円  非会員 11,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。 受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては、返金致しかねますので、ご了承の上お申し込み頂きますようお願い致します。

【申込期間】2019年  1月 15日(火) ~ 2月 24日(日)

【申し込み方法】WEB申し込みのみとなります。 当法人のホームページ http://www.athlete-care.jp/ から、「各種メールフォーム」のタグから「ワークショップ参加申込」を開き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

2019年 第1回ワークショップのご案内【第1報】

今回のワークショップは「テーピング」をテーマに開催いたします。

テーピングは、スポーツ選手のけがの再発防止や応急処置などで大きな効果を発揮する手技のひとつです。そのスキルを身につけることは、スポーツ障害に関わる上で必須のことだと言えます。今回のワークショップでは、その基礎を確実にマスターして頂くことを目標に、基本的な巻き方に関する技術はもちろんのこと、事例を通してどのように巻き方を考えていくのかなど、実践的な考えるスキルについても学んで頂く予定にしております。

講師は、数多くのアスリート達の傷害予防や競技復帰に向けて、日々現場で奮闘している先生方にお願いしております。予定時間の中で、できる限りたくさんテープに触れていただき、技術および考えるスキルを高めていただきたいと考えております。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

【講師】

‣元脇周也先生(関西メディカル病院、社)アスリートケア理事)
‣三星健吾先生(北播磨総合医療センター、兵庫県理学療法士会スポーツ活動支援部部長)
‣山口元太朗 先生 (牧整形外科病院、大阪工業大学硬式野球部トレーナー、福井工大福井高校野球部トレーナー、関西女子ラグビー協会トレーナー)

【日時】2019年3月17日(日) 9:30受付開始 10:00〜16:00予定

【場所】大阪保健医療大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校)

→ http://www.ocr.ac.jp/accessmap/index.html

【定員】30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。)

【受講費】(資料・テーピング代込み)

‣事前振込 : 会員 7,000円  非会員 10,000円
‣当日支払 : 会員 8,000円  非会員 11,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。 受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては、返金致しかねますので、ご了承の上お申し込み頂きますようお願い致します。

【申込期間】申し込み開始は、1月中旬を予定しております。

【申し込み方法】WEB申し込みのみとなります。 当法人のホームページ http://www.athlete-care.jp/ から、「各種メールフォーム」のタグから「ワークショップ参加申込」を開き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

2019年アスリートケア研修会のお知らせ(第3報)【事前参加登録が始まりました】

2019年2月3日(日)に「2019年アスリートケア研修会」を開催いたします。
今回の研修会は、伊坂忠夫先生(立命館大学スポーツ健康科学部 学部長・教授)、荒木 茂先生(石川県立明和特別支援学校 自立活動部、元日本理学療法士協会理事)のお二方をお招きし、「体幹・下肢」をテーマにご講演いただきます。
「体幹・下肢」に関する多くの知見が得られる機会になると思いますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

現在、事前参加登録を受付中です。事前参加登録をしていただきますと参加費が割引となります。会場での受付を円滑に行うためにも、是非とも事前参加登録をお願いいたします。
事前参加登録期間は2019年1月4日(金)~1月25日(金)です。お早めにご登録下さい。
事前参加登録フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/59f1bcf2600445

【案内ポスターダウンロードURL】
http://wp.me/a5iGzV-KU

【日時】
2019年2月3日(日)13:00~17:15(受付12:30~)

【会場】
大阪保健医療大学2号館 講堂(大阪市北区天満1-17-3)
http://www.ohsu.ac.jp/access/ 会場には駐車場がありませんので公共交通手段をご利用下さい

【内容】
講演Ⅰ:体幹・下肢の筋・腱の形態とパフォーマンスとの関係
伊坂 忠夫 先生(立命館大学スポーツ健康科学部 学部長・教授)
講演Ⅱ:体幹・下肢のトレーニングについて
荒木 茂 先生(石川県立明和特別支援学校 自立活動部、元日本理学療法士協会理事)

* 当日は、アスリートケア助成研究発表(2017年採択演題)や企業(賛助会員)による機器展示も行われます。

【参加費】
・事前参加登録 会員3,000円 非会員7,000円 学生・大学院生(会員)無料 学生・大学院生(非会員)1,000円
・当日参加登録 会員4,000円 非会員8,000円 学生・大学院生(会員)1,000円 学生・大学院生(非会員)2,000円
※ アスリートケアに入会予定がある場合は、先に入会手続きを済ませてから、会員での参加登録をして下さい(ただし、事前参加登録期間は延長しませんので、早めの入会手続きをお願いいたします)。
※ 事前参加登録は、「事前参加登録フォームでの受け付け」と「参加費の振込」をもって完了となります(学生・大学院生会員は振込の必要はありません)。事前参加登録フォームでの受け付け後、参加費の振込先をメールにて返信いたしますので、1週間以内に振り込みを完了して下さい。なお、入金後のキャンセルにつきましては返金いたしかねます。
当日参加登録の方は、当日受付にて参加費をお支払い下さい。

【事前参加登録方法】
事前参加登録期間: 2019年1月4日(金)~1月25日(金)
なお、本研修会は、専門・認定理学療法士制度ポイント認定研修会ではありません。

事前参加登録フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/59f1bcf2600445

縦断的支援障害予防活動報告

縦断的支援障害予防活動の報告です。

【サポート報告】

2018年10月17日(水) サポート高校名:大阪府立茨木高等学校

対象:選手18名(1、2年生) マネージャー6名

参加スタッフ4名

実施内容
・講義(障害に対する基礎的な知識と、コンディショニングの重要性)
・コンディションチェック(肩、股関節の可動域、肩腱板筋を中心とした筋力測定)
・質疑応答、個別指導

大阪府下野球部の縦断的支援活動も今回の茨木高校で4校目のサポートとなりますが、茨木高校は2010年から野球部以外にもほぼ全てのクラブ活動に対して毎月計画的にサポートを実施しています。今回も選手全員が真剣に講義を聞き、熱心に可動域や筋力測定をしている選手ばかりで、スムーズに進行する事ができました。選手によっては、自分が思っているよりも筋力が弱い事や可動域が小さいなど、自分の身体の状態を知る機会にもなり、今後の練習やトレーニングにも生かしていきたいとの事でした。
個別指導では、「体を柔らかくしたい」、「ボールリリースのときの肘の痛みをなくしたい」、「肩周りの筋力を強化したい」等の幅広い質問があり、その対処法をセルフコンディショニングとして指導しました。特に肘痛の選手など定期的にチェックを行う必要がある選手に対しては、毎月のクラブサポートに来ているスタッフへの情報伝達を密に行い、継続的にサポートしてもらえる体制も構築できました。
今後、ICTを活用した情報収拾と対応について、学校の先生やマネージャーそしてエンジニアとも相談しながらシステムの構築を検討していきたいと考えています。

文責:障害予防班 中田 平

縦断的支援障害予防活動報告

縦断的支援障害予防活動の報告です。

【サポート報告】

2018年5月26日(土) サポート高校名:常翔啓光学園高等学校

対象:選手 31名(2、3年生) マネージャー0名

参加スタッフ4名

2018年5月26日常翔啓光学園高等学校において、硬式野球部員31名を対象に縦断的支援の一環としてメディカルチェックおよびトレーニング指導、個別相談対応をいたしました。今回が障害予防班にとって初の対外活動となるため、事前ミーティングを入念に行い本番に臨みました。

講義は、野球に多い肩肘障害の概要とその原因、予防するための取り組み、実際のコンディショニング方法について実技を交えながら指導させていただきました。難しい内容でしたが選手の皆さんは非常に熱心に取り組まれていました。

次に柔軟性と筋力のコンディションチェックを行いました。初めて自分の股関節が硬いと気付いた選手や、全ての項目で良好な選手がいるなど、和気藹々とした空気の中で、個々に自分の特性や、コンディションの状態に気付くきっかけができたのではないかと思います。

最後に個別の相談に対応する時間をとったところ、多くの選手から質問があり問題解決に向けてアドバイスをいたしました。気軽に自分の身体の不具合や悩みを相談できる対象が選手の近くにもっともっと増えることを期待し、我々身体のスペシャリストである理学療法士がその一端を担うことができれば幸いだと思いながら学校を後にしました。

今回の活動が、常翔啓光学園高等学校硬式野球部の障害予防の一助になれば幸いです。