年間スケジュール

第2回ワークショップ

今回は、「下肢傷害に対するアプローチ」をテーマに開催いたします。

実際の事例で行われた処置やアプローチなどを通して、その考え方や技術に関する実技演習を主体に進めていき、運動連鎖の観点からスポーツ動作で生じるメカニカルストレスをとらえることも含め、日々の臨床でも役立てて頂ける内容となっております。
講師は、スポーツ選手の傷害予防、競技復帰に向けて現場で日々奮闘している先生方にお願いしております。
講師の境隆弘先生は、下肢傷害に関しての研究および多数の論文を執筆されており、当法人の理事としてご活躍されています。三谷保弘先生と松尾高行先生は、「局所と全身からアプローチする運動器の運動療法」や「理学療法MOOK9スポーツ傷害の理学療法」などの著書をはじめ、多くのスポーツバイオ二クス的な研究をされ、膝疾患を中心とした下肢障害に対するアプローチの論文を多数執筆されています。伊佐地弘基先生は、入谷式足底板基礎セミナーインストラクターを修得されており、また「教科書にはない敏腕PTのテクニック  足部・足関節の理学療法」をはじめ、足部及び足関節のスポーツ障害に関する書籍を数多く執筆されています。

このワークショップを通して、より実践的な思考スキル・技術の向上につなげていっていただきたいと考えております。 スポーツ傷害の予防を含めた理学療法に興味のある多くの皆さま方のご参加をお待ちしております。

【講師】

  • 境 隆弘先生:大阪保健医療大学 保健医療学部 保健医療学科 理学療法学専攻 教授  アスリートケア理事
  • 三谷 保弘先生:関西福祉科学大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 教授
  • 伊佐地 弘基先生:i-soul works(アイソウルワークス)代表
  • 松尾 高行先生:大阪行岡医療大学 医療学部 理学療法学科 准教授

 

  • 日時:2018年7月8日(日) 9:30受付開始 10:00~16:00予定
  • 会場:大阪保健医療大学1号館 いつもと会場が異なります。    
         ➡  https://www.ohsu.ac.jp/access/
  • 定員:30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。)
  • 受講費(資料・テーピング代込み)

<事前振込> 会員 5,000円  非会員   8,000円
<当日支払> 会員 7,000円  非会員 10,000円