お知らせ

第92回選抜高等学校野球大会健康支援の中止について

国内外での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大している状況を受け、3月11日に大会臨時運営委員会が開かれました。選手の安全性が最優先に考慮された結果、第92回選抜高等学校野球大会の中止を決定されたため、今大会の健康支援活動も中止となりました。1月より勤務調整をして応募くださった会員の方にはご理解いただき大変感謝しております。夏の選手権大会に向けてより良いサポート体制を作り上げていきますので、今後とも何卒ご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人アスリートケア  甲子園サポート部

「2020年 第1回アスリートケア講習会」のお知らせ(第1報)

2020年4月25日(土)に「2020年 第1回アスリートケア講習会」を開催します。
今回の講習会は、澳 昂佑先生(四條畷学園大学リハビリテーション学部理学療法学専攻 助教)から「足関節の障害予防について」、杉山恭二先生(大阪府立大学 地域保健学域総合リハビリテーション学類 助教)から「ジャンプ着地動作とスポーツ損傷」をテーマにご講演いただきます。
また、会員報告として、成 俊弼先生(大阪電気通信大学 医療福祉工学部理学療法学科 特任講師)から「ACL不全膝に向けて開発したElastomeric Knee Braceの制動効果 -モデル膝を用いた力学的検証-」、三浦大祐先生(とよかわ整形外科リハビリクリニック)から「前十字靭帯損傷の予防に向けたElastomeric Strapの開発」についてご報告いただきます。

大変盛り沢山な内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

※ 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、講習会を延期・中止させていただく場合がございます。その際はアスリートケアのホームページでご案内いたしますので、ご来場前に必ずご確認下さい。

【案内チラシ ダウンロードURL】
https://wp.me/a5iGzV-QR

各施設などで掲載して頂けるように、案内チラシを作成しております。
上記URLからダウンロード・印刷して頂き、多くの方に情報を共有してもらい、興味を持っていただければと思います。

【日時】
 2020年4月25日(土)15時〜18時

【会場】
 大阪保健医療大学2号館(大阪市北区天満1-17-3)
 https://www.ohsu.ac.jp/access/ 会場には駐車場がありませんので公共交通手段をご利用下さい

【内容】
 ・講演1『ジャンプ着地動作とスポーツ損傷』
  講師:杉山恭二先生(大阪府立大学 地域保健学域総合リハビリテーション学類 助教)
 ・講演2『足関節の障害予防について』
  講師:澳 昂佑先生(四條畷学園大学リハビリテーション学部理学療法学専攻 助教)
 ・会員報告1『ACL不全膝に向けて開発したElastomeric Knee Braceの制動効果 -モデル膝を用いた力学的検証-』
  報告者:成 俊弼先生(大阪電気通信大学 医療福祉工学部理学療法学科 特任講師)
 ・会員報告2『前十字靭帯損傷の予防に向けたElastomeric Strapの開発』
  報告者:三浦大祐先生(とよかわ整形外科リハビリクリニック)

【参加費】
・会員1000円 
・非会員3500円 
・学生・院生 無料(学生証の提示が必要)

※ アスリートケアに入会希望の方は、事前にアスリートケアHP ( http://athlete-care.jp/ ) にて入会手続きをお済ませいただき、ご参加ください。 

 事前参加申し込みはありませんので、ご自由にご参加下さい。

【専門・認定理学療法士制度ポイント】
 運動器理学療法専門分野・運動器(全領域)5ポイント

多くの方のご参加を心よりお待ちしております。

一般社団法人アスリートケア
研修会・講習会運営部
担当理事   三谷 保弘
部長     構井 健二

第1回ワークショップ開催中止のお知らせ

国内外での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大している状況を受け、参加者および運営関係者の健康と安全を最優先に考え、3月15日に予定しておりました第1回ワークショップの開催を中止させて頂くこととなりました。急なご案内となりご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人アスリートケア  ワークショップ部

「2020年 アスリートケア研修会」開催報告

2020年2月9日(日)、大阪保健医療大学にて「2020年 アスリートケア研修会」が開催されました。

今回は、甲斐義浩先生(京都橘大学 健康科学部 理学療法学科 准教授)により「肩関節のバイオメカニクス」と、亀山顕太郎先生(松戸整形外科病院 リハビリテーションセンター、 (社)スポーツサイエンスラボラトリー 代表理事)により「投球障害の予防とパフォーマンス」についてご講演いただきました。また、アスリートケア助成研究発表や、賛助会員による機器紹介・機器展示が行われました。 多数の先生方にご参加頂き、活発な意見交換がなされ、有意義な研修会となりました。

次回は、「2020年 第1回アスリートケア講習会」を2020年4月25日(土)に開催する予定です。

●日時:2020年4月25日(土)15時~18時
●会場:大阪保健医療大学2号館(大阪リハビリテーション専門学校)
    https://www.ohsu.ac.jp/access/
●参加費:【会員】1,000円
      【非会員】3,500円
      【学生・院生】無料(学生証の提示が必要)
●専門・認定理学療法士制度ポイント:運動器理学療法専門分野・運動器(全領域)5ポイント
●共催:大阪電気通信大学スキルアップ講座・大阪保健医療大学大学院運動器・スポーツ傷害支援学領域

●内容:
【講演①】『ジャンプ着地動作とスポーツ損傷』
 講師:杉山 恭二 先生(大阪府立大学 地域保健学域総合リハビリテーション学類 助教)

【講演②】『足関節の障害予防について』
 講師:澳 昂佑 先生(四條畷学園大学 リハビリテーション学部 理学療法学専攻 助教)

【会員報告①】『ACL不全膝に向けて開発したElastomeric Knee Braceの制動効果 -モデル膝を用いた力学的検証-』
 報告者: 成 俊弼 先生(大阪電気通信大学 医療福祉工学部 理学療法学科 特任講師)

【会員報告②】『前十字靭帯損傷の予防に向けたElastomeric Strapの開発』
 報告者: 三浦 大祐 先生(とよかわ整形外科リハビリクリニック リハビリテーション科)

ホームページでも改めてご案内いたします。 皆様のご参加お待ちしております。

第92回 選抜高等学校野球大会  学生見学の募集

第92回 選抜高等学校野球大会  学生見学の募集

当会と学生会員が連絡を行い、学生見学を実施いたします。
応募期間:2月12日(水)〜3月6日(金)期間厳守
見学期間:3月21日(土)〜3月27日(金)
応募資格:一般社団法人アスリートケア学生会員であること。
学生会員の皆様には、メールにて詳細をお送りしています。
学生会員の皆様の、ご参加をお待ちしています。

お問い合わせ 
〒779-3105  徳島市国府町東高輪字天満369-1
専門学校 健祥会学園 理学療法学科 松浦 康 宛
TEL:088-642-9666  FAX:088-642-9227
E-mail:yahh834@yahoo.co.jp

2020年アスリートケア研修会のお知らせ【まもなく事前参加登録が終了します(申し込みの延長はありません)】

現在、「2020年アスリートケア研修会」の事前参加登録を受け付け中です。まもなく事前参加登録が終了します。申し込みの延長はありませんので、お早めのご登録をお願いいたします。
事前参加登録をしていただきますと参加費が割引となります。会場での受付を円滑に行うためにも、是非とも事前参加登録をお願いいたします。

2020年2月9日(日)に「2020年アスリートケア研修会」を開催いたします。
今回の研修会は、甲斐義浩先生(京都橘大学 健康科学部理学療法学科 准教授)、亀山顕太郎先生(松戸整形外科病院リハビリテーションセンター、スポ.ラボ代表理事)のお二方をお招きし、「肩関節・投球障害」をテーマにご講演いただきます。

甲斐義浩先生は、肩関節のバイオメカニクスに関する研究や肩関節変性疾患の疫学研究、投球肩肘障害に関する研究、生体力学的手法を用いた「ヒトの動き」の計測などをテーマに研究されており、多数の学会発表や論文執筆をされておられます。
亀山顕太郎先生は、様々なデータよりケガをしている選手の特徴を調べ、学会にて報告されています。また、石井医師と一般社団法人スポーツサイエンスラボラトリー(スポ.ラボ)を立ち上げてからは、5000人以上のデータを収集、解析しており、前向きに追跡調査をすることでどのような選手が怪我をするのかを研究されておられます。また、多数のセミナー等も開催されており、facebookでは、3万人以上のフォローワーがおられます。
「肩関節・投球障害」に関する多くの知見が得られる機会になると思いますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【案内ポスターダウンロードURL】
http://wp.me/a5iGzV-Po

【日時】
2020年2月9日(日)13:00〜17:15(受付12:30〜)

【会場】
大阪保健医療大学2号館 講堂(大阪市北区天満1-17-3)
http://www.ohsu.ac.jp/access/ 会場には駐車場がありませんので公共交通手段をご利用下さい

【内容】
講演1:肩関節のバイオメカニクス
甲斐 義浩 先生(京都橘大学 健康科学部 准教授)
講演2:投球障害の予防とパフォーマンス
亀山 顕太郎 先生(松戸整形外科病院リハビリテーションセンター、スポ.ラボ理事)

* 当日は、アスリートケア助成研究発表(2018年採択演題)や企業(賛助会員)による機器展示も行われます。

【参加費】
・事前参加登録 会員3,000円 非会員7,000円 学生・大学院生(会員)無料 学生・大学院生(非会員)1,000円
・当日参加登録 会員4,000円 非会員8,000円 学生・大学院生(会員)1,000円 学生・大学院生(非会員)2,000円

※ アスリートケアに入会予定がある場合は、先に入会手続きを済ませてから、会員での参加登録をして下さい(ただし、事前参加登録期間は延長しませんので、早めの入会手続きをお願いいたします)。
※ 事前参加登録は、「事前参加登録フォームでの受け付け」と「参加費の振込」をもって完了となります(学生・大学院生会員は振込の必要はありません)。事前参加登録フォームでの受け付け後、参加費の振込先をメールにて返信いたしますので、1週間以内に振り込みを完了して下さい。なお、入金後のキャンセルにつきましては返金いたしかねます。
当日参加登録の方は、当日受付にて参加費をお支払い下さい。

【事前参加登録方法】
事前参加登録期間: 2020年1月6日(月)~1月31日(金)
なお、本研修会は、専門・認定理学療法士制度ポイント認定研修会ではありません。

事前参加登録フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/91c25e15643966

一般社団法人 アスリートケア
研修会・講習会運営部
担当理事 三谷 保弘
部長   構井 健二

2020年第1回ワークショップのご案内【第2報】

2020年 第1回ワークショップの参加受付を開始致します。

今回のワークショップのテーマは「上肢障害に対するアプローチ」です。
投球障害を中心に、上肢障害の発生機序からその対策についての解説、および実技演習を予定しています。また、講師陣が実践している評価・治療・予防に関する講演を行います。ケースに応じた適切かつ妥当なアプローチを行うためのスキルを高めていただきたいと考えております。
講師は、スポーツ選手の障害予防、競技復帰に向けて現場で日々奮闘しているだけでなく、スポーツ障害に関する研究活動を通して、数多くの学会発表、論文・書籍を執筆されている先生方にお願いしております。
このワークショップを通して、より実践的な思考スキル・技術の向上につなげていっていただければと考えております。スポーツ障害の予防に興味のある、数多くの皆さま方のご参加をお待ちしております。

【講師】

  • 元脇周也先生(関西メディカル病院 社)アスリートケア理事)
  • 来田晃幸先生(関西メディカルリハ倶楽部)
  • 今高康詞先生(行岡病院)
  • 井上泰博先生(行岡病院)

【日時】2020315日(日) 9:30受付開始 10:00~16:00予定

【場所】大阪保健医療大学2号

【定員】30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。

【受講費】(資料・テーピング代込み)

<事前振込> 会員 5,000円  非会員   8,000円
<当日支払> 会員 7,000円  非会員 10,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては返金致しかねます。ご了承の上、お申し込み頂きますようお願い致します。

【募集期間】:1月20日(月)~ 2月23日(日)

【申込方法】WEB申し込みのみとなります。当法人のホームページhttp://www.athlete-care.jp/ から、「各種メールフォーム」のタグから「ワークショップ参加申込」を開き、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

【問い合わせ先】大野記念病院 リハビリテーション科 阪本良太 E-MAIL:sakamoto@hcn.zaq.ne.jp

第92回選抜高等学校野球大会健康支援スタッフ募集

第92回選抜高等学校野球大会
健康支援事業募集要項

統括責任者 : 名塚 健史 (埼玉医科大学かわごえクリニック)

この度、第92回選抜高等学校野球大会健康支援事業の統括責任者という大役にご指名を頂き、その重責に身が引き締まるとともに大変光栄に存じます。会員の皆様にこの場をお借りしまして、ご挨拶を申し上げます。

2020年オリンピックイヤーとしてスポーツイベントに注目が集まる中、近年議論されている球数制限について今大会より「1週間で500球」の投球制限が導入され、ますます注目を集めることと思います。昨年春よりタイブレークの導入、夏より休養日を2日間設けるなど選手への健康面の考慮も変化しております。時代の流れとともに制度が変化していく中で理学療法士として選手のために何ができるか日々模索しながら甲子園大会健康支援事業活動を行い、次の大会に繋げていきたいと思っております。

甲子園大会健康支援事業活動へ参加することにより、日常の業務から離れ経験できることは、非常に貴重なことであり、またそこで新たな繋がりもでき、理学療法士として大きく成長することができる現場であると思っております。

皆様の知識と経験と技術を存分に発揮していただき、選手一人ひとりが悔いなく全力でプレーできるように健康支援活動をして頂けますよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

【甲子園大会健康支援募集期間 】
 〈大会前甲子園練習健康支援事業〉  令和2年3月15日(日) ~ 16日(月)  ※予定
*注意 : 今回も従来の検診(医師の診察、可動域測定)は実施致しません。今回も甲子園練習時のアクシデントへの対応、練習前のテーピング、コンディショニングなどの支援事業になる予定です。スタッフ数も削減されているため、ご参加いただけない場合もございます。予めご了承ください。
*会場 : 阪神甲子園球場

〈本大会〉   令和2年3月19日(木) ~4月3日(金)  ※予備日含む
*注意 : 準々決勝、準決勝の翌日は休養日となり健康支援事業活動はありません。
ただし、大会進行状況により休養日は消失する可能性があります。

【申し込み期間】
令和2年1月21日(火)~2月4日(火)まで  ※期限の遵守をお願い致します。

 【応募資格】
・一般社団法人アスリートケア会員  ※年会費納入者
・理学療法士賠償責任保険制度への加入
→PT協会に入会していない方は上記保険制度に加入できません。また加入していても保険適応期間外の場合、参加していただけません。ご自身の責任において必ず加入いただき、保険適応期間をご確認の上、ご応募ください。
*アスリートケア会員でない方は応募できません。参加を希望される場合は、HPより入会申し込みをしていただきますようお願い致します。
*学生会員の見学応募とは異なりますので、ご注意ください。

【申し込み方法】
当会ホームページ( https://athlete-care.jp/ )の「メディカルサポート参加申込」よりお申し込み下さい。

【注意事項】
シフト決定後の変更およびキャンセルは、運営上支障を来しますので絶対にないようお願い致します。
応募期間外の変更・キャンセル等は受け付けませんのでご了承ください。
□大会中に出場チームに関わりをもつ場合、甲子園大会健康支援事業への参加ができません必ず備考欄に“関わりを持つ可能性がある高校名”を記載ください。出場校が決まり次第、ご連絡させていただきます。

サポート校が出場した場合の参加条件

・大会中にサポート校への関わりを持たない場合

・大会中にサポート校へのかかわりを持つ場合はトーナメント表でサポート校の山と違う日

・サポート校が負けた翌日以降
□申し込み送信後、返信メールが届きます。
1)送信確認メール : 送信直後、サーバーからの自動返信
1)のメールが届かない場合は、記入されたアドレスが間違えている、メールボックスが満杯になっている、または、迷惑メールボックスに配信されている可能性がありますのでご確認ください。アドレスの間違いであれば再度申し込みをお願い致します。
□シフト表の配信は、2/29(土)を予定しておりますので、3日以上経過しても届かない場合は以下までお問い合わせください。また、「迷惑メールフォルダ」に届いている可能性もありますので確認をお願い致します。

□甲子園大会健康支援事業に関するお問い合わせ
◆アスリートケア  甲子園サポート部部長  齋藤 日出海
TEL 06-6443-1261 ((一財)住友病院 代表)
E-mail : baseball-support@athlete-care.jp

 【スタッフの決定】
・大会中健康支援事業に応募していただいた方は基本「1日」は参加していただけるようにシフトを組む予定です。但し、参加者が集中した場合は、二部制(午前・午後)、もしくはご参加いただけない場合がございます。予めご了承ください。(例年、土日が応募多数となっております。人数が集中する場合は別日へ変更可能かの問い合わせをする場合がございます。)

・大会前甲子園練習健康支援事業関しては、スタッフ数が限られますので応募が多い場合、ご参加いただけない可能性があることを予めご了承ください。
・連続して複数日希望される方は明記してください。
・サポート参加経験やサポート部合同勉強会、当会主催の研修会およびワークショップへの参加履歴等を加味してシフトを決定しております。
・その他の理由でご希望に添えない場合もありますが、予めご了承ください。

【班長・副班長対象の会議】
運営会議 3月15日(日)16:00~17:30会場:大阪保健医療大学2号館            ※会場URL :  https://www.ohsu.ac.jp/access/

反 省 会 4月19日(日) 14:00~16:00  会場 : 関西メディカルリハ倶楽部
※会場URL :https://kansaimedical-hp.jp/outline/access.php

班長・副班長に該当されている先生には別にご連絡させていただきますので、万障お繰り合わせの上、可能な限りご出席下さい。お忙しいこととは存じますが宜しくお願い致します。

【甲子園大会健康支援事業研修会】
 甲子園大会での健康支援事業の経験の浅い方(参加が5回未満)や事前準備として参加を希望される方、健康支援事業には応募していないが健康支援事業に興味のある会員および学生会員を対象に開催致します。内容は、甲子園大会健康支援事業概要のビデオ説明、投手検診およびクーリングダウン実技講習、アイシング用品の使用方法などのレクチャ-です。

○日程
第1回目  3月6日(金) 19:30~21:00  会場 :関西メディカル病院            ※会場URL : https://kansaimedical-hp.jp/outline/access.php

第2回目  3月15日(日) 16:00~17:30 (※予定)会場 :大阪保健医療大学2号館       ※会場URL :  https://www.ohsu.ac.jp/access/

 

*第1回、2回とも同内容です。いずれかのご参加でも結構です。更に内容を深めたい場合は両日の参加も可能です。

○講師 : 甲子園サポート部部員、名塚健史(統括責任者)、コンディショニング班・物品班班員

○参加費 : 無料

○持ち物 : 実技がありますので動きやすい服装でお願いします。

研修会資料は、申込者にデータ配信します。ご自身でプリントアウトするなどしてご準備ください。
※PDFファイルを受け取れるメールアドレスを申し込み時に入力ください。

○申し込み方法  以下のURLにアクセスし申し込みください。
⇒申し込みフォーム : https://ssl.form-mailer.jp/fms/b6ad44cd340763

甲子園サポート部  齋藤 日出海 ・ 松本 剛
担当理事  堀口 幸二 ・ 元脇 周也

2020年第1回ワークショップのご案内【第1報】

2020年第1回ワークショップのお知らせです。
今回のワークショップのテーマは「上肢障害に対するアプローチ」です。

投球障害を中心に、上肢障害の発生機序からその対策についての解説、および実技演習を予定しています。運動連鎖の観点からスポーツ動作で生じるメカニカルストレスをとらえることを含め、ケースに応じた適切かつ妥当なアプローチを行うためのスキルを高めていただきたいと考えております。
講師は、スポーツ選手の障害予防、競技復帰に向けて現場で日々奮闘しているだけでなく、スポーツ障害に関する研究活動を通して、数多くの学会発表、論文・書籍を執筆されている先生方にお願いしております。
このワークショップを通して、より実践的な思考スキル・技術の向上につなげていっていただければと考えております。
スポーツ障害の予防に興味のある、数多くの皆さま方のご参加をお待ちしております。

【講師】

  • 元脇周也先生(関西メディカル病院 社)アスリートケア理事)
  • 来田晃幸先生(関西メディカルリハ倶楽部)

 

【日時】2020年3月15日(日) 9:30受付開始 10:00~16:00予定

【場所】大阪保健医療大学2号館

【定員】30名(応募が多数の場合、抽選になる場合がありますことをご了承下さい。

【受講費】(資料・テーピング代など込み)

<事前振込> 会員 5,000円  非会員 8,000円
<当日支払> 会員 7,000円  非会員 10,000円

※受講には事前申し込みが必要です。参加費は原則的に事前振込とさせて頂きます。受講申し込み後、振込先をご連絡します。入金後のキャンセルにつきましては返金致しかねます。ご了承の上、お申し込み頂きますようお願い致します。

【申込期間】【2報】でご案内いたします。

【問い合わせ先】大野記念病院 リハビリテーション科 阪本良太 E-MAIL:sakamoto@hcn.zaq.ne.jp